5月15日

みなさんおはようございます。金曜日の朝いかがお過ごしでしょうか?

昨日は緊急事態宣言解除の報告が総理からありました

残念ながら白ブタの住む北海道は解除の対象とはなりませんでした

ただ、北海道独自の解除方法で16日以降の営業自粛が緩和されるようです

昨日から白ブタも16日からの営業再開に向けて仕込み作業をしております

昨日はポテトサラダを仕込みました

今日は蕎麦ダレやイカの塩辛を仕込みたいと思います

それでは参りましょう!今日も元気に「白ブタのオールナイトPG」

改めまして、萩 史之です。本日も頑張ってお送りいたします

緊急事態宣言解除の暖和で、パークゴルフ場がオープンできることを願いたい!!!

早速こちらから

「白ブタ流パークゴルフオフィシャルガイド」

今日は・・・<誤球>について

第16条・・・プレーヤーが誤球でプレーした時は、アクシデントストロークとしてペナルティーを付加します。誤球でプレーしたプレーヤーは、誤球のプレーが最初に起きたと思われる位置にそのボールをプレースしなければいけません。また、誤球の当事者双方がストロークした後に気づいた時にはそのホールをホールアウトするまでそのまま続行し、双方にペナルティーを付加します

白ブタ的に、間違えて打ってしまう以前に、自分のボールを確認することをお勧めします

プレーした自分のボールを見失わないようにプレーすることが大事ですね

ここでもアクシデントストロークのペナルティーを付加と書いてありますが、とりあえずペナルティーである言う事と

打ったボールは元の止まっている位置に相手のボールを戻してあげることと言う事です

さて、予習問題でした

問1・間違って他人のボールを打ってしまい、そのボールはOBとなってしまったら???

(答え)アクシデントストロークのペナルティーを付加し改めて自分のボールを打ちます

間違った他人のボールは元の位置にあったと思われる場所にプレースしましょう!その場合OBとなった相手のボールはペナルティーは付加しません

あと、白ブタ的に、間違ったボールが何ホールか続いてようやく自分も相手も気づいた時は相手の了解が得られればペナルティーなしでプレーしてもいいような感じがしますがね~~~

例えば・・・ティーグラウンド第9条の第7項

ティーグラウンドで他人のボールをストロークした場合、ボールの持ち主の了解が得られたときは取り替えたボールとして扱い、了解が得られなかったときは誤球として処理する

これはティーグラウンド上での問題ですが、2打目以降として間違えて打ってそのボールが何ホールも進んで誤球と気付いた時は

ペナルティーを取らないほうがいいのかな???って思いますよね~~~~

でもルールがあってのスポーツですから自分に厳しい判断と相手にもルールと言う名のペナルティーを相手に伝えるナマーも必要なんでしょうね!!

と言う事で本日はここまで

次回は<取り替えたボール>についてです

そろそろお別れの時間がやってきました

このブログでは皆さんからのコメントをお待ちしております

お相手は、萩 史之でした。ごきげんよう、さようなら

今日も一日元気よく、行ってらっしゃい

"5月15日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント